アルゴ座のかけら

中小企業診断士の勉強記録や日常のあれこれ

今日は主に簿記の勉強

今日は簿記の範囲を勉強しました〜。

 

簿記3級、2級とも大学時代に勉強して取得はしていたのですが、いかんせん久々すぎて見るたびに、これ懐かしいわぁ〜!っていう感覚。

 

棚卸減耗費!有利差異!!標準原価計算!!!

 

 

それはまるで中学卒業してから全く会わず、成人式で久々に再開した同級生のような、そんな感じですね。

 

 

きゃー!トモコ!!久しぶりね(*≧∀≦*)

元気してた!?あんた全然変わってないわね!

何言ってるのユリカ!あんたもそのまんまじゃん☆

 

ガハハハハハハハハ!!!!!

 

 

 

こんな感じですよね。ちなみに僕も成人式の日に再開した友達からは、まったく変わってねぇなって言われました。ありがとうございます。

 

 

 

でもやっていけば徐々に思い出したりしたところもあって、やっぱ簿記勉強しておいて良かったわ(T-T)

有利差異、不利差異とかを出すときのボックス図の書き方なんかも最初さっぱり忘れてましたが、やれば思い出せた。

 

あとテキストの参考に書いてたんですが、標準原価計算において数量差異と価格差異が交わるところを混合差異って言うんですね。

実は学生の時も、なぜボックス図で価格差異を大きめに計算してるんやろ?って密かに思ってました。

 

テキストによれば、価格差異は企業の外部要因によって発生しがちで、数量差異は企業の内部要因によって生じることが多いそうです。

 

数量差異は企業が内部で厳密に把握しなければならないから、数量差異は正確に計算しておき、交わってるところは価格差異に含めるのが一般的とのこと。

 

要は、数量差異に関しては独立して計算•把握しとけよってことなんですね。これすごく個人的に勉強になりました。

 

 

簿記とか会計って本当に奥深いと思います。

就活してた時は、簿記2級って書いとけば評価してもらえるやろ!っていう不純な動機で勉強してました。確かに評価してくれたところもあったので、決して無駄ではないと思います。

 

ただ動機はどうであれ、取ってしまえばこっちのもんだし、何らかの役には立つと思うので、就活生や社会人ホヤホヤの方は勉強しておいて損は無いと思いますよ( ̄▽ ̄)

 

本日は内容がボリューミーだったので、今日はかなりの勉強時間になりました。ただ長ければ良いという訳ではないですが、問題を解いたり解法を理解したりするのにこれくらいかかってしまいました( ̄▽ ̄;)

僕の場合はこれくらいしなければいけないんですがね泣

 

今は本当に解けなくて辛いですけど、いつの日か鼻歌を歌いながら得意科目にできるくらいにしてやりますよ!

 

 

 

そんなこんなで3連休も秒速で終わってしまいましたね(T-T)

楽しい時間って本当にあっという間ですよね。

明日からまた仕事始まるのか〜嫌だなぁ〜泣

 

明日はメーカーさんの勉強会があった後に会食があるので、明日は勉強休み。

 

それも踏まえて勉強したので、明日くらい許してねっていう言い訳を自分に言い聞かせながらおやすみなさい笑

 

 

 

 

 

【今日の内容】

B/S•P/Lの作成、原価計算 4.5時間

プライバシーポリシー お問い合わせ